安倍内閣への金融緩和の期待と株価の上昇

安倍内閣の誕生により、金融緩和が大きな話題となっています。

 

金融緩和により景気が回復することを織り込んで、まだ何もやっていない段階から株式市場が大きく反応しています。

 

それだけ、日本国民が安倍内閣の金融緩和による景気の回復に期待をかけているということなのでしょう。

 

安倍総理は、金融緩和を「輪転機を回してお金をどんどん刷る」という分かりやすい表現で説明しています。

 

市場にお金が回らなくなっているのが不景気の原因ならば、どんどんお金を供給すればいいという考えです。

 

確かにお金の供給量が増えれば、需要と供給のバランスから円安の方向に振れるでしょう。

 

この世のすべての価値観は需要と供給の関係で決まります。

 

野菜だってお米だって、豊作で取れすぎると値段が暴落し、逆に凶作だと、供給が得るために高騰するわけです。

 

お金も当然、供給量が増えればその価値はどんどん低くなります。

 

その結果、安倍総理がいうようにどんどんお札をすれば間違いなく円安方向に進むことになるでしょう。

 

実際、そのことを織り込んで、何もしていない段階にもかからず株価の上昇とともに円安方向に相場が動いています。

 

円安になれば、当然輸出企業は相当に恩恵を受けます。

 

日本は、相対的に輸出企業の割合が高いので、結果として日本全体の景気が良くなる可能性が高いという理屈です。

 

しかし、こういった荒療治は両刃の剣でもあります。

 

一歩間違うとハイパーインフレを起こして収集が付かなくなる可能性があります。

 

一応2パーセントのインフレターゲットを掲げていますが、2パーセントに収まる保証はどこにもありません。

 

もし、ハイパーインフレが起これば、現在資産を持っている人はそれが紙くずになる可能性があり、逆に住宅ローなどの多額の借金がある人は、高笑いをすることになるでしょう。

ニュース

安倍政権になって、消費者金融関連の株価が上がっているようです。その理由として、これまで借入総額が年収の3分の1までに規制させていた総量規制の撤廃が噂されていることがあります。この総量規制により、収入のまったくない主婦などは実質消費者金融からの借入が不可能になっており、一部のお客が闇金に流れているという悪い噂もありました。今後、規制緩和によって総量規制が撤廃されることになれば、消費者金融にとっては追い風となるために、株価がそれを先取りして上昇をしているようです。


現在は不況の影響もあって中古車が比較的人気がありますが、景気が上向いて新車が売れ出すようになると、中古車価格や車の査定にも少なからず影響が出てきそうです。車の査定額は当然需要と供給のバランスに左右されますので、新車が売れて中古車の在庫がだぶつくようになると、当然その価値は下がります。景気がよくなって喜ぶ業界もあれば、逆に困る業界もあるということになります。